作曲家中村滋延についての情報・ニュース
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 音楽:分析、解説

音楽:分析、解説

音楽を生きる(福岡文化連盟会員誌連載 1/4)

はじめに  私は2001年4月から2916年3月にかけての15年間、福岡市内の大学に勤務しながら作曲家として活 …

モーツァルト《ハフナー》、ストラヴィンスキー《ヴァイオリン協奏曲》、フランク《交響曲ニ短調》

9月22日(金)九州交響楽団第361回定期公演の聴きどころを紹介します。名曲解説全集などですぐに知ることができ …

目からウロコ!?のクラシック講座

昨年4月から九州交響楽団の定期演奏会前に「目からウロコ!?のクラシック講座」を担当しています。今年度のこれから …

ニールセン作曲《交響曲第4番「不滅」》

作曲者・作品名 カール・ニールセン 《交響曲第4番「不滅」》作品29 作曲年 1916年 初演 1916年2 …

ショスタコーヴィチ作曲《交響曲第十番》ホ短調(1953)

はじめに 今年はショスタコーヴィチ生誕110年ということで彼の作品を聴く機会が多い。100年でなく、ある意味で …

誰のために作曲するのか

2014年3月15日夜に九州大学サテライト・ルネットにて「ひびき・ま・かたち〜音楽場の創造〜」の一環としてシン …

「現代のベートーヴェン=佐村河内守」について感じてきたこと

「現代のベートーヴェン」ともて囃された佐村河内守氏がゴーストライターを使って作曲をさせていた一件について、感じ …

九響ジャンプ!「ライブ」上演作品について

九響ジャンプ!「ライブ」配布パンフレット掲載原稿 本日(2014年2月17日)のライブのプログラムは「物語」に …

福岡における音楽創作を振り返る  -前衛作曲家今史朗を中心に-

はじめに  作曲を教えることができる教員として2001年に九州芸術工科大学(現・九州大学大学院芸術工学研究院) …

吉田秀和氏逝去—氏の手による翻訳書には本当にお世話になりました

吉田秀和氏逝去。ご冥福をお祈りします。 ちょっと前に『世界の指揮者―吉田秀和コレクション』 (ちくま文庫)を読 …

巨星墜つ、D.フィッシャー=ディスカウ死去

ああ、ついに! 巨星墜つ。 20世紀最高の歌手、ディートリッヒ・フィッシャー・ディスカウが亡くなった。 今夜は …

KASA音楽創造研究会九州設立趣意書

音楽創造研究会九州KASA(カーサ)(Kyusyu Association of Sonic Art)設立趣意 …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 中村 滋延 (Shigenobu Nakamura) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.