作曲家中村滋延についての情報・ニュース
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 音楽:分析、解説

音楽:分析、解説

楽曲分析:ウェーベルン《弦楽四重奏のための6つのバガテル》

基本情報 アントン・ウェーベルン(1883-1945)は20世紀前半に作曲活動を展開したオーストリアの作曲家。 …

イーゴリ・ストラヴィンスキー《葬送の歌》作品5

九響第367回定期演奏会ではイーゴリ・ストラヴィンスキーの管弦楽曲《葬送の歌》がカーチュン・ウォンの指揮で演奏 …

音楽を生きる(福岡文化連盟会員誌連載 2/4)

2.現代の作曲家 雑多ではなく豊かさ 前回の連載第1回目 のタイトルは「現代音楽の作曲家」だった。「現代の作曲 …

ブルックナー《交響曲第5番変ロ長調》

はじめに 4月20日(金)アクロス福岡シンフォニーホールでの九州交響楽団第366回定期公演で上演されるブルック …

いずみシンフォニエッタ大阪第40回定期公演を聴いて

2018年2月10日(土)、いずみホールでの「いずみシンフォニエッタ大阪第40回定期公演〜幻想と衝撃の夢体験〜 …

小杉武久 音楽のピクニック

芦屋市立美術館での「小杉武久 音楽のピクニック」(2017年12月9日〜2018年2月12日)を見る。会場では …

ブルガリアン・ヴォイス〜アンジェリーテ〜

音楽鑑賞ノート180127 1月27日、兵庫県立芸術文化センターKOBELCO(大ホール)にて「ブルガリアン・ …

ワーグナー『ニーベルングの指輪』(管弦楽組曲)

2月9日(金)アクロス福岡シンフォニーホールでの九州交響楽団第365回定期公演で上演されるワーグナー/フリーヘ …

この一年を振り返って、2017年(活動編)

2017年もあっという間に過ぎようとしている。自身の創作に関連する活動を中心にこの一年を振り返ってみる。 オペ …

「世界の庄内音楽ワークショップ」

2017年12月1日に日本センチュリー交響楽団の「世界の庄内音楽ワークショップ」を見学しました。 このワークシ …

徐振民《音詩「楓橋夜泊」》、他(九響第363回定期)

11月10日(金)アクロス福岡シンフォニーホールでの、九州交響楽団第363回定期公演の聴きどころを紹介します。 …

メンデルスゾーン《交響曲第5番》、オルフ《カルミナ・ブラーナ》

10月15日(日)アクロス福岡シンフォニーホールでの、九州交響楽団第362回定期公演の聴きどころを紹介します。 …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 中村 滋延 (Shigenobu Nakamura) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.