2012年5月12日に初演された《九大百年祝典序曲》がこの度九大フィルの特別演奏会(2018年8月18日、東京サントリーホール大ホール)で再演されることになった。以下は初演時の楽曲解説である。

5月26日、アクロス福岡シンフォニーホールでの「九州大学創立百周年記念コンサート」において、私の作曲による《九大百年祝典序曲》が荒谷俊治指揮の九大フィルハーモニー・オーケストラによって公開初演された。実際の初演はその2週間前、5月12日の九州大学50周年記念講堂での「九州大学創立百周年記念式典」での同一の指揮者演奏団体による。実は昨年こそが百周年にあたっていたのだが、東日本大震災の甚大な被害に配慮して、式典そのものを1年遅らせた経緯がある。

2003年、私が所属していた九州芸術工科大学は、九州大学と統合した。そのことで九州大学は旧帝国大学の流れを引く日本の7つの総合大学の中で、唯一複数の芸術家を要する学部を持つようになった。この特徴を活かして、他の総合大学では真似の出来ないこと、つまり大学に所属する活躍中の作曲家に創立百周年記念式典のための音楽の作曲を依頼することが、百周年事業推進委員会で決定されたのである。

有難い決定であった。九州大学の百周年という節目に私自身が居合わせたという巡り合わせ。担当理事や九大フィル顧問との打ち合わせを通して九大の歴史や世界で活躍する卒業生の存在、特に九州福岡の文化芸術に与えた九大の役割などについて直に知ることができたこと。これは、なんとしてもいい曲を書きたい、と思った。

ブラームスに《大学祝典序曲》という名曲がある。彼が名誉博士号を授与されたことに感謝の意を込めてある大学のために作曲したもので、当時の学生歌がちりばめられた親しみやすい曲である。親しみやすいだけでなく、学生歌を主題とした高度な作曲技法による非常に巧みな構成の音楽である。

このブラームスの曲に刺激を受けて、「黒田節」や「どんたく囃子」、また九州大学の学生歌や応援歌、「伊都キャンパスイメージソング」などの旋律を私は《九大百年祝典序曲》にもちりばめることにした。ただしこれらの旋律が単なるメドレーを構成するのではなく、首尾一貫した音楽的持続の中で出現し、展開していくように工夫した。そして何よりも祝典序曲として、明るく力強い曲想をめざして作曲した。重要部分の楽譜のPDFが下記のところにあるので、参照されたい。以下の解説はその楽譜に基づいている。九大百年祝典序曲スコア抜粋(PDF)

第1部(A1)は特徴的な序奏に続いて九州大学学生の明るい前向きな学生生活を象徴するような速いテンポの音楽が演奏される。(pp.3-5)

第2部(B)はゆっくりしたテンポで「黒田節」をもとにした旋律が流れる。九州福岡の文化都市としての雰囲気の一端を提示する。(pp.8-9)

第3部(A2)はふたたび速いテンポで、序奏に続いて学生生活の自由な生活、若さゆえに許される奔放な雰囲気を描く。(p.15)

第4部(C)は「どんたく囃子」が登場する。最初はゆっくりしたテンポで、主旋律に対して非常に技巧的な副旋律が絡む(p.19)。自身では作曲技法の腕の見せ所と思っている。その後、速いテンポで「どんたく囃子」が演奏され、

第5部(A3)に流れ込む。ここでは「九州大学学生歌」が序奏モチーフのくり返しの中に金管楽器によって突如浮かび上がって朗々と歌い上げられる(pp.27-28)。「九州大学学生歌」は、その後、木管楽器によって技巧的に装飾変奏される。

第6部(D)ここでは昨年3月に発表された伊都キャンパスイメージソング「愛し伊都の国 -嚶鳴天空広場の歌-」をモチーフにした静かな音楽が演奏される。(pp.35-36)

第7部(A4)は第1部とほとんど同じ伴奏が演奏されるが、それに乗って演奏される主旋律は「九州大学応援歌」。続いてその応援歌のモチーフによる音楽が盛り上がりをみせて全合奏の中で華々しく終わる。(pp.44-45)

荒谷俊治先生は九州大学の出身(法学部と文学部)。指揮者として内外で活躍され、80歳を超えられた今も現役、指揮界の大御所である。《九大百年祝典序曲》に愛情を注いでくださり、丹念かつ丁寧に、そして何よりも的確に曲の表情付けをしていただいたことは感謝に堪えない。九大フィルも学生オーケストラ特有の素直さ情熱に満ちた好演であった。

九大の節目となるイベントに自身の専門領域(作曲)で関わらせていただいた慶びを、今、噛みしめているところである。